インナーの選び方

セーターの着用時に適したインナーの
選び方について

セーターは主に冬季に着用する厚手の衣類で、保温性に長けているのが特徴です。
そのため、体を温めるのに適していますが重ね着を行うと発汗しやすくなり、変えて体温が下がってしまうことがあるので注意が必要です。
セーターを着用する際にはインナーの選び方が重要になります。
保温性を向上させるのと同時に発汗を抑え、生地が汗を吸い込んでもすぐに乾いて体が冷えるのを防ぐ速乾性を持っている物が適しています。
また、化学繊維を使用しているセーターは静電気が発生することがあるため、体への刺激を緩和できる作りであることも大切なポイントになります。
着心地が良く、家庭用の洗濯機が使用できることも取り扱いを容易にするための条件なので、購入の際には品質についてよく確認しておく必要があります。
また、インナーは人の目に触れない衣類ですが、品質が劣化すると保温性や速乾性が低下するので定期的に買い替えることが毎日を快適に暮らすための工夫になります。

インナーとしてのセーターに求められる
条件として

コートやジャケットの下に着るインナーとしてのセーター選びは、コーディネートやファッション性を重視するのはもちろんですが、何よりそれがインナーとして適しているかの確認が大切となります。
同じセーターでも、インナーメインとして着られるアイテムとアウターとしても転用可能なアイテムとでは、生地の厚さや気密性が違ってくるからです。
前者はコートやジャケットの中に着ても動き易く、着膨れしない適度な厚さと通気性を持っているものです。
後者のタイプを無理矢理中に着こもうとすると、その生地の厚さで着膨れしてしまう他、気密性が高くなり過ぎて余計に汗をかき易くなるといった欠点となって現れてしまうものなのです。
直接Tシャツの上から着るセーターであれば、ハイネックタイプが襟元が隠れ、また上着の上からもネックの部分がワンポイントとなり、お洒落で有用となります。
またきっちりとしたYシャツの上から丸首タイプを着れば、スーツやコートとも簡単に合わせられ、フォーマルにも活躍可能となります。

Favorite

Last update:2016/9/5