毛玉の除去と予防

セーターの毛玉の
除去と予防についての心得

セーターは生地を形成する繊維の性質から他の衣類と比べて毛玉が発生しやすい特徴がありますが、安易に取り除くと生地を傷めてしまうことがあります。
特に同じ場所に何度も発生すると生地が薄くなってしまうので、穴が出来たり生地が破れてしまうことがあります。
セーターの毛玉は生地の繊維が摩擦によって絡まり、球形に膨れ上がることで形成されます。
そのため、発生した分だけ生地の繊維が少なくなっているので取り扱いには注意が必要です。
生地を長持ちさせるためには毛玉をほぐして繊維を元に戻すのが最も効果的です。
また、繊維の絡まりを防ぐためには日頃の取り扱いに気を付けることが大切です。
セーターを洗濯する際にはネットに入れて他の衣類との摩擦を防ぎ、乾燥させるときは形を整えて陰干しすることが繊維の形状を保つための工夫になります。
衣類を長持ちさせるためには毎日のお手入れに気を配り、外部からの刺激を避けて丁寧に扱うように心がけます。

セーターの毛玉ケアについて

冬場活躍するセーター類ですが、毛玉ができやすくて困るという経験は多いのではないでしょうか。
素材によって痛みやすいものや、ケア方法が決まっている場合が多いため、購入の際はチェックが必要です。
手洗いが可能な場合は、手洗い用の洗剤を使って優しく洗いましょう。
また、最近では洗濯機で洗える素材のものも増えてきていますが、裏返した状態でさらにネットに入れることを推奨されている場合も多いため、できるだけダメージを与えないように手入れをすることが必要です。
洗濯以外でも、専用のブラシで目を整えたり、脱いだあとは畳んだりつるして休ませるなどのお手入れをすることによって毛玉の発生を抑えることができます。
また毛玉ができてしまった際には、専用のカッターの使用をおすすめします。
専用カッターや専用ブラシなどがあれば適切なお手入れができるため、セーター類を良い状態で長く着る事ができるため、ニット類をよく着る場合は用意したいものです。

recommend

最終更新日:2016/7/15