季節のセーター

セーターは季節を問わずに使える
定番アイテム

セーターは冬はもちろん、秋にも春にも使うことができる定番アイテムです。
さらにいまではサマーセーターといって、夏にも着られるタイプのものが登場してきています。
少し暑いですが、我慢して着るととてもおしゃれになります。
こういったものが販売されていますから、着ようと思えば年中着ることができるものなのです。
非常にゆったりとした着心地で、気兼ねなく着られるという点が女性を中心にして受けています。
冬には非常に温かいですから、おしゃれアイテムと同時に実用性の面でも最適です。
柔らかい印象を演出するファッションアイテムとしても利用価値が高く、女性らしさを演出するのにも適しています。
さらに手編みのセーターはプレゼントにも適しています。
クリスマスなどの日に彼氏にプレゼントするために慣れない手芸をするという女性は今も昔も数が多いです。
季節を問わずに使えますが、やはり冬には注目度がぐんと上がりますし、ブーツと合わせるととてもかわいくなるアイテムです。

暑い季節のおしゃれに
サマーセーターを

セーターは11世紀頃、北方系ゲルマン人がイスラム諸国の手芸技術を学んで英仏海峡の島々に伝えたのが始まりだと言われています。
そして、そこで漁師たちが身を切る風の寒さから体を守るために着用しました。
それ以来、セーターと言えば防寒目的の着衣で、身につける季節は冬だと相場が決まっていました。
ところが、近年ではファッションの多様化に伴い、暑い季節でも身につけることができるものが登場してきています。
サマーセーターと呼ばれるものは防寒性の代わりに通気性や汗をかいた時の吸湿性を考えて作られています。
素材は綿や麻を用いることが多く、軽くてさらっとした肌触りが特徴です。
着ても暑さは感じず、Tシャツ1枚よりも涼しいくらいです。
これがあれば単調な夏のファッションもバリエーションを広げることができます。
タンクトップの上に身につければ過度な露出を避け、清潔感も増しますし、ジーンズに合わせることもできます。
今まで夏と言えばTシャツとジーンズばかりだったという方はぜひ一度お試しになってください。

Valuable information

沖縄 ダイビング
http://www.owd.jp/
東京 貸倉庫
http://tokyo-fact.com/

2015/6/3 更新